- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト佐賀

日々のメンテナンスは重要です!

リボルト佐賀にて、ガラスコーティングを施工していただきましたお客様に、日頃のメンテナンス(洗車)にご使用していただくメンテナンスキットをお渡ししております。

内容(メンテナンスリキッド1本、カーシャンプー1本、マイクロファイバークロス2枚)

1476365757.jpg

ガラスコーティングはお車のボディーをガラス被膜で覆い塗装を保護します。
ガラスコーティングを施工してからといって、洗車をしなくていいわけではありません。

コーティングを施工し、美しい状態を維持するには、日頃の洗車は欠かせません。
お車を使用される環境は、非常に厳しく、想像以上なものです。
その要因としては、砂、ホコリ、泥汚れ、ピッチ、タール、排気ガス、鉄粉、雨に含まれる大気の有機物、鳥のフン、虫の死骸、樹液、潮風、塩害、台風、紫外線、などです。これらを残したまま、放置いたしますとコーティング効果、耐久性に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

塗装はガラス被膜で守っておりますが、ガラス被膜はオーナー様の小まめな普段の洗車にて守られます。洗車時は、お渡ししております、専用カーシャンプーとメンテナンスリキッドをご一緒に使用して頂き定期的な手洗い洗車をおすすめしております。月1回以上洗車して頂く事によってコーティング効果を長く維持する事が出来ます。
十分な水を使って手洗い洗車をしてください。水道水の場合も、水道水中のカルキ分などがシミを作る原因となってしまいますので、水がボディーにのっている時間をできるだけ短くするのがポイントになります。

注),井戸水の使用はご遠慮下さい。不純物が多く含まれている可能性が高くシミが出来てしまいます。

そして、炎天下での洗車は避けて下さい。水道水、カーシャンプーが乾きやすい環境での洗車も避けて下さい。おすすめは、曇りの日や午前中の早目の時間帯、または夕方頃が洗車に最適です。洗車前にマイクロファイバークロスは洗濯をして必ず綺麗し、砂や汚れをしっかり落とした状態で使用して下さい。

鳥の糞、虫の死骸などが付いてしまった場合には、放置せずその部分だけでも水で十分にふやかしてから優しく洗い流し、メンテナンスリキッドを多めに塗布して下さい。

セオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。

トピックスのご紹介